【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「3つの非課税枠をご活用下さい」ということが書かれています。
S1H-0087-jigyosha.gif


<シートの流れ>
1…経営者には非課税枠が3つもあります。
2…相続人が受取る死亡保険金は「500万円×法定相続の人数」まで非課税です。
3…会社から受取る死亡退職金は「500万円×法定相続の人数」まで非課税です。
4…遺族の受取る弔慰金は適正額まで非課税です。
5…生命保険は個人の死亡保障はもちろん、会社の弔慰金や退職金も準備できます。

<解説>
生命保険は他の金融商品に比べると、税制上いろいろな面で優遇されています。それは「生命保険は必要なもの(経費)だから」ということだと思います。
税法上優遇されているということは、税引後の実質価値で考えると、表面上示されている数値より実質はさらに大きな効果が見込まれるということです。
そういったことを知らない、または、よく認識できていない、そういった視点でとらえたことのない経営者の方も多くいます。会社経営に生命保険という、ある意味で特殊な金融商品を上手に活用してください。



dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/86-945fd464

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。