【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「収入のうちの何割かを健康管理費や保障費に回してください」ということが書かれています。
S1H-0085-jigyosha.gif


<シートの流れ>
1…会社員と個人事業主の大きな違いは、保障の「ある」「なし」です。
2…会社員の方には、収入の保障があります。老後の保障があります。万一の保障があります。
3…個人事業主の方には、収入の保障がありません。老後の保障がありません。万一の保障がありません。
4…個人事業主の方には、保障がない代わりに、「自由と裁量」があります。
5…収入のうちの何割かを、健康管理費や、保障費に回してください。

<解説>
会社員や公務員と比べて、個人事業主にはさまざまな保障がありません。けれど、その代わりに「自由と裁量」がありますから、保障も、自分で決め、自分で準備することができます。…と言いますか、実は、個人事業主には保障が「ない」のではなく、「自分の裁量で準備するもの」と言った方が正しいかもしれません。つまり、個人事業主の収入は生活費や事業の運転資金などだけでなく、今後予想されるリスクに対しての保障代(保障を準備するための費用)込みの金額である。だから、収入の何割かは保障代に回すべきなのです。
会社員に保障があると言っても、それは会社が決めた保障ですが、個人事業主は自分の裁量で、自分の欲しい(希望する)保障プランを選択することができます。


dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/84-383b2859

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。