【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「医療費の高額化と自己負担額の増加に備えて、充実した医療保障の準備をしてください」ということが書かれています。
1回の入院の己負担額

<トークの流れ>
1…いざ入院となると、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか?
2…過去1年間に入院したことがあると答えた人のデータをご覧ください。
3…入院日数の平均は28.2日、自己負担額の平均は263,000円、1日の自己負担額の平均は14,700円という結果になっています。
4…日本の医療は年々進歩しています。かつてなら死に至るような病気やケガも、医療の進歩で一命を取り止められるようになりました。
5…その反面、治療期間は延び、高度治療が増え、薬剤費、検査費などがかさみます。それなのに、健康保険の自己負担は増えていくようです。
6…万が一に備えて充実した医療保障の準備をしてください。

<解説>
「入院してみないとその大変さはわからない」とよく言われますが、本当にそうですね。ここに、「過去1年間に入院した経験がある」と答えた人のデータがあるのですが、平均で、入院期間は28.2日、1回の入院でかかった自己負担費用は26万3,000円、1日あたりの自己負担費用は1万4,700円だそうです。入院すると本当にお金がかかるんですね。昔は不治の病といわれていたガンも、最近では治る確率も高くなってきています。最新の医療技術と新薬のおかげだそうですが、それに伴って、治療費はかなり高くなってきているそうです。健康保険の対象にならない最新の技術や薬は全額自己負担ですし、健康保険を使えても3割は自己負担ですから、治療費だけでも以前よりかかります。病気が治ることはとても嬉しいことですが、費用は現実問題として大変ですね。急に工面できる金額ではないように思います。治療費以外にもいろいろと雑費がかかります。医療技術が発達して、治療環境も良くなる分、これからはますます個人の負担が増えるように思います。入院してからでは準備できませんから、充分な医療保障をお考えください。

user-aicon.jpg dl-aicon.jpg

───────────────────────
<著作権・使用権等について>
※著作権は[保険ビジネス研究所]に帰属します。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害については一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受け致します。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.04.08 | 医療保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/8-c83116d3

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。