【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「女性は若くて健康なうちに医療保障をご準備下さい」ということが書かれています。
S1H-0074-2.gif


<シートの流れ>
1…女性は男性よりも生命保険の加入率が低いのですが、女性には女性特有のリスクが潜んでいます。
2…女性の病気で、乳ガン、子宮ガン、子宮筋腫、卵巣のう腫などはよく耳にしますし、実際の支払も多いのですが、実はもっと身近なところにも多くの危険が潜んでいるのです。
3…例えば、妊娠中毒、早産、流産、難産、帝王切開など、妊娠や出産に関わることでの支払いが、実際は多いのです。
4…そう考えると、女性の保障は若い時から必要です。ぜひ若いうちに生命保険に入って「医療保障」を充実させて欲しいのです。健康な人でも妊娠出産に関わる危険は、同じように潜んでいます。
5…早めの加入をお勧めするにはもう1つ理由があります。生命保険は一度そういった病気になってしまうと、その後の数年間は加入に条件が付いたり、加入自体ができなくなってしまうこともあるからです。
6…女性は、20代、30代、40代、50代…、それぞれの年代に病気のリスクを抱えていますから、若くて健康なうちに保障をご準備下さい。

<解説>
実際「お産は病気じゃない」などと言われることもありますが、妊娠出産は母体にとっても(胎児にとっても)大変な負担のかかることで、医療体制が整備されていなかった昔には、妊娠出産で命を落とす母親も多かったのです。医療の発達した現在でも、妊娠や出産関係の病気や異常で、入院や治療を受ける女性は数多く、そのことがその後の保険の加入条件に支障をきたすケースも多いのです。保険は予想されるリスクに事前に備える金融商品です。女性は男性と違って、リスクが高くなる時期が分かっているのですから、その前に加入することが賢明なのです。


user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.09.05 | 女性の保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/73-9fe4c0cb

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。