FC2ブログ

【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「楽しい老後のために終身年金を活用しませんか」ということが書かれています。
S1H-0064-rogo.gif


<シートの流れ>
1…定年後の人生は、時間、健康、お金の三拍子が揃えば「人生のゴールデンタイム」だそうです。
2…でも、一般的には「老後は不安…」というイメージが強いですね。
3…そこで、「楽しい老後」のために経済的な準備を考えたいのですが、実は、これがなかなか難しいのです。なぜなら、何才まで生きるかが分からないからです。
4…でも、何才まで生きたとしても最後まで「枯れない壷」があります。それが「終身年金」です。
5…「公的年金」(国の年金)も終身の年金ですから、「公的年金」+「終身年金」で生活費を準備しておけば、残りのお金は自由に使えるということです。
6…人の一生は終わってみなければ分かりません。ですから、最後まで寄り添ってくれる「終身年金」は一生のパートナーです。

<解説>
終身年金はとても役に立つ割には、確定年金や定期年金よりも知られていませんし、活用もされていません。その理由の大きなものは、見た目の掛金が高く見えること(見た目のもらえる年金額が少なく見えること)と、もらえる年金額の総額が確定していないということです。ですが、ちょっと考えてみれば、終身年金の良さはすぐ理解できます。人は何年生きるか誰にもわからないのです。長生きでも、早くお迎えが来ても、寝たきりになっても、生きている限り必ず決められた額の年金がもらえる「終身年金」は、世界一の長寿国の日本には、一番役に立つプランかも知れません。


user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.08.08 | 老後保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/63-47a6e44c

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。