FC2ブログ

【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「保障設計の際には、教育費は生活費とは別口だということをご留意下さい」ということが書かれています。
S1H-0053-hosho.gif

<シートの流れ>
1…高校入学から大学卒業までの教育費は、一人当たり平均で664万円もかかるそうです。
2…公立か私立かの組み合わせで、違ってきますね。
3…教育費以外にもいろいろかかりますね。
4…子供が大学を卒業するまでは、親の保障には教育費を含んで考えて下さい。
5…保障設計の際には、教育費は生活費とは別口だということをご留意下さい。

<解説>
親の保障額を考える際、「残された家族の生活費」と「子供が独立するまでの教育費」は、別なものとして考えることが大切です。子供が学校を卒業して社会人となり、自分の給料で自分の生活をしていけるようになれば、子供の教育費も生活費も両方が必要なくなります。それまでは、子供の教育費の生活費の両方が必要です。ですから、親の保障を考える際には、子供が独立するまでの大型保障の確保が大切です。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.07.15 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/52-f9331b84

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。