【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「生活習慣病に対しては、年齢にかかわらず早いうちから備えましょう」ということが書かれています。
S1H-0043-iryo.gif

<シートの流れ>
1…厚生労働省の資料によると、年代別の死因で「生活習慣病が占める割合」は年齢が上がるごとに増えています。
2…「まだまだ30代!」「まだまだ若い」なんて思っていませんか?
3…生活習慣病は年齢に関係なくこわい病気になってきています。
4…30代でも3人に1人が生活習慣病で亡くなっています。
5…保障の準備を若いうちからすることは、自分にとっても家族にとっても安心できることです。
6…生活習慣病に対する備えは早いうちから始めましょう

<解説>
「生活習慣病」は、以前は「成人病」と呼ばれていました。でも、年齢にかかわらず、生活習慣が原因でかかりやすいということから、名前が変更されたのです。実際30代、40代から急増していきます。特に、がん、脳卒中、心筋梗塞は「三大生活習慣病」といわれて、死亡原因の上位3位を占めています。「生活習慣病」は、いったんかかると治療期間も長くて、治っても障害が残って元の職場に戻れない、社会復帰できないケースも多いので、経済的な面でもまた大変です。家族の誰かが「生活習慣病」にかかると、その後の生活はガラリと変わってしまいます。精神的にも、肉体的にも大変になりますが、経済的な負担も重くのしかかります。治療費は高額のうえ治療期間も長いので、完治するまでの医療費は高額になり、長期間仕事を休めば収入も減りますから、家計は大変です。「生活習慣病」は若いうちからリスクがありますから、自分のためにも、家族のためにも、元気なときに保障を準備しておいてください。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
──────────────────────
2008.06.27 | 医療保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/44-252ffa51

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。