FC2ブログ

【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「医療保障は自己負担額を考えた日額を準備してください」ということが書かれています。
S1H-0041-iryo.gif
<シートの流れ>
1…私たちの身の回りには危険がいっぱいです!
2…病気やケガなどで入院すると出費がかさみます。
3…保険が適用されても3割は自己負担しなければなりません。その他にも差額ベッド代や、日用品などの費用がかかり、それらは全て全額自己負担となります。
4…「入院」すると、本人も家族も精神的・肉体的にダメージを受けます。そのうえ入院費という経済的な負担もかかります。
5…医療保障は自己負担額を考慮した日額を準備しておきましょう。

<解説>
元気な時には自分や家族が病気や事故に遭うことなど考えたくないものですが、実際の数字をみると、病気で通院している人が0.06秒に1人いて、新たに入院する人が2.3秒に1人、そして亡くなる人が33.8秒に1人もいるんですね。…急に身近に感じてしまいますね。今、こうして話している間にも、日本中では多くの人が病気や事故で治療をしているのですね。病気や事故は、いつ、誰に、突然降りかかってくるか分かりません。そう思うと、備えておきたいですね。医療保障の考え方ですが…、病気や事故で治療をすれば治療費がかかります。仕事を休んだり減らしたりすれば収入が減ります。支出が増えて収入が減るのですから、家計のバランスは崩れます。健康保険を使っても3割は自分で負担しなければなりません。また差額ベッド料や日用品などは健康保険の対象にならないので全額が自己負担です。家族の誰かが入院すると、本人だけでなく他の家族の生活も一変してしまいます。精神的、肉体的なダメージも受けます。そんなことを考えるとせめて経済的なダメージには対処したいですね。医療保障は、自己負担額をカバーできる日額を1つの目安として考えてみるのも良いと思います。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.06.24 | 医療保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/42-dd6d24e0

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。