【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「共働きの家庭では、妻の保障も重要になります」ということが書かれています。
S1H-0037-hosho_josei.gif

<シートの流れ>
1…働いている妻の収入はすべて貯金しているわけではありません。
2…妻の収入も重要な家計の一部です。
3…ワーキングママが倒れた時3つの大きなダメージが家計を襲います。
4…「働き手」が倒れることによる収入減、「母親」が倒れることによる支出増、「妻」が倒れることによる支出増です。
5…共働きの家庭では妻の保障も重要になります。

<解説>
今は共働き家庭が増えています。妻も、正社員、派遣社員、パート、アルバイト、在宅の仕事など、いろいろな形で働いて収入を得ています。もしかしたら夫は「妻はお小遣いがほしいから働いている」と思っているのかもしれませんが、実際は、妻が働く大きな理由は「生活のため」が多いようです。この場合、妻の収入は、住宅ローンや子供の教育費、毎月の生活費の一部などに使われています。ですから、働いている夫と同じように保障が必要になるのです。けれど、現実的には、夫は大型の死亡保障や医療保障に加入していても、妻は小さな医療保障にしか加入していないケースが多く、妻が病気やケガをすると、治療費のほかに家事、育児を人に頼む費用がかかってきますし、仕事を休んだ分の収入も減ります。正社員でなければ有給休暇や休業補償などもありませんので、夫よりも補填が必要かもしれません。妻に万一のことがあれば、例えば、住宅ローンが払えなくなったり、子どもが習い事をやめたり、進路を変更せざるをえなくなったりするかもしれません。働く妻は、妻と母の役目のほかに、家計を助ける「働き手」だということも考えて、妻の保障を検討してください。


user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.06.16 | 女性の保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/38-6ae243d3

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。