【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「ガンの治療には高額な治療費がかかるので、充分な保障を準備してください」ということが書かれています。
S1H-0035-iryo.gif

<シートの流れ>
1…データを見てわかるように、全死亡者の3人に1人はガンで亡くなっています。
2…毎年、死亡者とほぼ同数が入院治療をしていると言われます。
3…ガンは恐ろしい病気であると同時に身近な病気でもあるのです。
4…ガンの治療法は、手術や薬物療法も多く、治療は長引き、その治療費はかなりの額になると聞きます。
5…「ガン」という病気と闘うために充分なガン保障を準備してください!

<解説>
日本では1981年以降、死因の第一位が「ガン」になっています。ですが、医療技術も日々進歩していますし、また早期発見によって、ガンも治る確率が高くなってきています。でも…、高度な治療法や新薬も多いですから、治療費は高額になって、健康保険が適用されない治療や薬も多くあります。治療費が高額なだけでなくて、治療期間も長いといわれています。再発や転移も心配です。手術をして悪いところを取り除いて、あとは体力が回復するのを待つだけ…というわけにはいかないようです。「5年生存率」という言葉をご存じですか。ガンが完治した確率を示す数字なのですが、治療後5年後の生存率で表します。…ということは、治療後少なくとも5年間は、その後の経過はどうか、ガンが再発していないか、転移していないか、などを診るために定期的に検診に通うということです。治療後の状態によっては、職場復帰が難しい場合も多いですから、収入減も心配になるところです。ガンは多くの人がかかる身近な病気です。ガンにンなってしまった時に、ガンと闘うための経済的な準備も大切です。ガンの保障の上乗せをご検討いただけたら…と思います。


user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.06.11 | 医療保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/36-f080056b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。