FC2ブログ

【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「自分が介護される時のことについて考え始めましょう。少しずつでも準備しましょう」ということが書かれています。
S1G-0025-kaigo.gif

<シートの流れ>
1…現在、4人に1人が介護の経験があるそうです。
2…そして、介護する期間は4年以上が3割、10年以上という人も1割近くいます。
3…あなたが誰かを介護しなければならない状態になった時のことを想像してみてください。
4…自宅で介護できる場合は、介護サービスを利用すれば負担も軽減できます。
5…自宅で介護できない場合は、介護サービスや老人施設に全面的に頼らなければなりません。
6…介護問題は「介護する側」にも大きな負担となります。配偶者や子供に負担がかからないように介護費用の準備を始めましょう。

<解説>
現実問題として、介護の問題は「介護する側」も「介護される側」も、肉体的にも、精神的にも、そして経済的にも、大きな負担になってきます。40代、50 代ぐらいになると、身近に親の介護を経験した人が何人かいると思いますが、その大変さは、介護を経験した人にしか分からないほどだと言いますね。自宅で介護できるのか、介護サービスや施設を利用することになるのか、誰がおもに世話をして、その費用はどうするのか…。そう考えていくと、本当に大きな問題であることがよく分かります。
家族の誰かが要介護状態になると、家族の中で、できる人ができる形で世話をすることになると思いますが、もし誰かを介護することになったら、そのときは誰がどうするのか…、また、自分が介護されることになったら、そのときはどうしたいのか、どうしてもらいたいのかを、少しずつでも考えておいた方が良いと思います。介護は家族にとっても大きな負担となります。自分の介護では、配偶者や子どもに大きな負担がかからないように、少しずつでも費用の準備を始めることも、お勧めしたいですね。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.20 | 介護保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/26-75f838c3

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。