FC2ブログ

【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要> 「親に万が一のことがあった場合でも、子供が希望通りの教育を受けられるような保障の準備が必要です」ということが書かれています。
S1G-0021-hosho-.gif

<シートの流れ>
1…生命保険は誰のものなのでしょうか?
2…生命保険に加入するのは父親ですが、父親が亡くなった後、子供を育て上げなければならないのは母親です。
3…実際にその保険金で成長していかなければならないのは子供たちです。
4…だから、生命保険は家族のものではないでしょうか。
5…どんなに心残りでも、死んでしまえば家族を守ってあげることはできません。
6…お父さんが生きていれば子供に与えられる、「家族への愛情」と「教育の機会」。その両方を奪われないためにも生命保険を準備しましょう。

<解説>
生命保険に加入する時は毎月の掛け金が気になりますが、でも本来は、困った時、万一のことがあった時に、役に立つかどうか、保障内容もとても重要です。生命保険の保障額というのは、万一のときに必要な費用を補填するためのものですから、父親が亡くなったあと、母親が子どもを育てるための生活費であり、子どもが自分の人生のスタートを切るまでの教育費です。中でも教育費は高額になりますので、実際、充分な保障がない状態で親が亡くなった場合、子どものその後の進路に一番影響が出てしまいます。経済的な理由で大学進学をあきらめたり、志望する学校への進学をあきらめたり、子どもが独立する時のスタートラインが変わってしまう子も多くいます。親の事情で子どもの夢や将来に影響を与えてしまうのは、親としては気持ち的にもつらいものがあります。生命保険に加入するときは、子どもの進路を応援してあげられる保障額についてご検討下さい。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.12 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/22-feeadda8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。