FC2ブログ

【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「入院しても経済的に困らないよう医療保障の準備が必要です」ということが書かれています。
S1G-0010-iryo-.gif

<シートの流れ>
1…入院することになったら、費用はどのくらいかかると思いますか。
2…入院の時の自己負担では10万円以上が全体の約4分の3で、20万円以上が半分弱、30万円以上が約4分の1という感じですね。
3…1日当たりの自己負担費用だと、7千円以上が全体の約4分の3で、1万円以上が約3分の2で、2万円以上が約4分1という感じですね。
4…実際には病院への支払の他にもいろいろとかかります。出費が増え、逆に収入は減るというのが現状です
5…病院への支払の中でも大きな出費になるのが「差額ベッド代」なのですが、これも場合によっては必要経費です。
6…もし入院することになったら、入院費用はどこから捻出しますか、貯金を取り崩しますか。

<解説>
入院したらどれくらいの費用が必要になるかなんて、経験しないとなかなか分かりませんが、ここに、データがあるように、1日平均1万円以上かかったという人が、半数以上もいます。1回の入院の自己負担額も、半数以上の人が10万円以上です。結構な額ですね。実際は、病気の治療費だけでなく、パジャマやスリッパ、洗面具といった身の回り品を買い揃えたり、見舞いに来る家族の交通費もかかります。想像する以上に出費がかさむそうです。それから、一番の出費は差額ベッド代だと言われます。入院したとき、運よく大部屋が空いていればいいのですが、個室しかなければ、「差額ベッド代」を払ってそこに入ることになりますし、差額ベッド代は健康保険の対象外ですから、全額が自己負担です。大部屋ですと、着替えや食事、テレビを見るにも周りに気兼ねして、気が休まらないと言われます。特に、身体の自由がきかない場合は、本当に辛いと言う人もいます。実際入院してみないと分からないことも、いろいろありますね。その時になって困らないような医療保障をお考えいただきたいと思います。
user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.04.15 | 医療保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobiken8.blog10.fc2.com/tb.php/11-4e745a65

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。