FC2ブログ

【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「生命保険をパートナーにしましょう」ということが書かれています。
S1H-0083-jigyosha.gif

<シートの流れ>
1…去年、健康診断を受けましたか? 去年、人間ドックに行きましたか? 独立事業者は、「早期発見・早期治療を逃しやすい」と言われます。
2…自営業者は、体が資本です。自分の健康が最大の武器です。自分で健康管理して下さい。
3…自営業者には会社の保障がありませんので、生命保険をパートナーにして下さい。
4…医療保障は、特約の日額をより多く確保して下さい。
5…万一の保障は、家族の生活保障分と事業の運転資金分の両方を確保して下さい。
6…退職金準備は、生命保険で準備するのが確実です。

<解説>
自営業者は本当に身体が資本です。「健康」が最大の武器であり、最大のネックになります。健康であれば何倍も働いて何倍もの収入を手にすることもできますが、健康を害すると途端に仕事にも支障が出て、順調だった事業もそれだけが原因で傾くケースも多々あります。

ですから、健康に注意することがとても大切なのですが、そんな「身体が資本」なはずの自営業者の方が、会社員や公務員より「早期発見、早期治療を逃しやすい」と言われます。それは、健康診断などを強制されることもなく、また、少々具合が悪くても「忙しい」「面倒くさい」を理由に病院に行かなかったりするからです。

まず、「自分の身体は自分で守ることが大事」そして、健康診断や予防の必要性ともに保障の必要性も説きたいところです。自営業者は保障も自家賄いです。生命保険を人生のパートナーにして欲しいものです。



dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
スポンサーサイト
<概要>「事業主と世帯主の2つの顔を持つのだから、保障も両面から考えましょう」ということが書かれています。
S1H-0082-jigyosha.gif


<シートの流れ>
1…個人事業主には、「事業主」と「世帯主」の両面の保障が必要なんです。
2…何かあったら、「お店」も「家族」も大変なんです。
3…老後への準備ということでは、引退は自分で決められますが、健康や景気の状況によっては続けられなくなるかもしれません。それまでに退職金を積立てなければなりません。その退職金が引退後の家族の生活資金になるからです。
4…ケガや病気で働けない時の準備では、仕事を休めば売り上げは減ります。そして家族にとっては治療費という支出が増えます。収入の補填と支出の補填、両方が必要なのです。
5…死亡保障の準備では、これが一番大切かもしれませんが、残された家族の生活費だけでなく、事業を誰かが引き継ぐにしてもたたむにしても、そのための費用が必要になります。
6…このように「事業主」としての保障と、「世帯主」としての保障の、両面をお考え下さい。

<解説>
「自分(夫)に何かあったら、仕事関係の人(取引先など)も困るし、家族も困る」「店と家庭の両方が自分の肩にかかっている」ということです。

会社員や公務員は、病気やケガで仕事を休んでも、仕事は誰かが代わりにやってくれますし、給料も出ます。有給休暇を振り替えたり、見舞金が出たり、休業補償があったりと、何かと収入の補填がありますから、治療費分の保障を準備すれば良いという感じですが、個人事業主は仕事を休めば収入減に直結します。

また、会社員や公務員は、万一在職中に亡くなるようなことがあれば、死亡退職金や弔慰金が出ます。その上に個人で加入していた保険金が出ます。けれど、個人事業主は個人で加入している保険や共済しかありません。その上、銀行からの借り入れがあれば返済しなければなりませんし、取引先へは支払いを、従業員がいれば給料を払わなければなりません。

老後の生活費にしても同様です。会社員や公務員は、自分で積み立てなくても会社や組織が、退職金を積み立てていてくれますから、給料やボーナスは生活費として使ってしまっても良いのですが、個人事業主は日々の収入の中から、老後資金も積み立てなければならないのです。

dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────


<概要>会社員や公務員と同様に働いているのに退職金制度がない人に、「終身保険を使って、自分で退職金を準備しましょう」ということが書かれています。
S1H-0081-jigyosha.gif


<シートの流れ>
1…ご自分の退職金のこと、どうお考えですか?
2…会社員には退職金があります。自営業にも必要だと思いませんか?
3…「終身保険」で退職金の準備をしませんか?
4…引退時に解約しなければ相続税の納税資金にもなります
5…急な資金調達にも使えます。
6…もちろん現役中の保障の準備もできます。

<解説>
「会社員や公務員と同じように働いている、いや、それ以上に働いているはず…」なのに退職金がないのは退職金制度がないからです。退職金のために月々の給料から積み立てていないからです。退職金は「功労慰労金」で、それまでの功労を慰労するものです。引退後の生活費です。高齢になり、病気や介護状態になったときの医療費にもなります。自営業の人にも、必要なものです。
自営業などの人の給料(収入、手取り)は、実はそういった退職金の積立金込みの金額なのだから、自営業者の退職金は、給料の中から、自分で積み立てるものなのです。

dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
<概要>「自分のライフスタイルにあった保障をお選び下さい」ということが書かれています。
S1H-0080-josei.gif

<シートの流れ>
1…最近では女性のライフスタイルも多種多様になっています
2…あなたの「ライフだんご」はどの形ですか? 結婚は? 仕事は? 子供は?
3…結婚せず、子供も持たない「シングルライフ」でしょうか?
4…夫婦で働いて、子供はいない「ディンクス」でしょうか?
5…夫はいないが、働きながら子供を育てる「シングルママ」でしょうか?
6…結婚し、子供も産み、仕事も続ける「ダブルインカム」でしょうか?
7…それぞれのライフスタイルに、それぞれの保障スタイルがあります。

<解説>
女性の保障スタイルは、結婚(夫の収入)、仕事(自分の収入)、子供(養育費)によって、大きく違ってきます。それをリアルにイメージして保障を検討することが大切です。将来がどういう形(ライフスタイル)になるのかは分かりませんが、現在の状況や将来への希望を元に、将来へも適応できるプランを検討されることが大切だと思います。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.09.19 | 女性の保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「会社の退職金が期待できないのなら、自分で退職金を作ってしまいましょう」ということが書かれています。
S1H-0079-josei.gif


<シートの流れ>
1…企業に勤めている女性は、男性と同じように働いても、高額な退職金をもらえるケースは意外と少ないのですよ。
2…それは、女性の場合は、結婚や出産、子育て、ご主人の転勤などが関係して、なかなか「一生涯一職場」というわけにはいかないからです。
3…でも、細切れであっても合計すればかなりの年月働く女性も多いのです。
4…セカンドライフを始める時に、「今までご苦労さん」と自分への退職金があるといいですね。
5…会社の退職金が期待できないのなら自分で退職金を作ってしまいましょう。
6…養老保険で退職金の準備を始めませんか。

<解説>
会社の退職金の規程などは会社によって決められていますが、「養老保険」などで自分の退職金を作ろうと思えば、期間も額も自分で決めて、あとは掛金を掛けることさえ続ければ、確実に保障してくれます。


user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.09.17 | 女性の保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「人生設計とともに、保障プランも設計しましょう」ということが書かれています。
S1H-0078-josei.gif


<シートの流れ>
1…「結婚しないかも…」と思うことはありますか。結婚しなかった場合のライフプランの留意点は、「ケガや病気への備え」と「老後の生活への備え」です。
2…保障も自分でプランニングしてみませんか。こんなプランはいかがですか。
3…(1)老後の生活資金の基礎は、一生もらえる「終身年金」で備える。寝たきりになった時にもお世話してもらう人にお礼ができます。
4…(2)老後を楽しむためのお小遣いは、体が元気なうちにたくさんもらえる「10年や15年の確定年金」で準備する。
5…(3)「医療保障」は、老後までしっかり保障しているプランを選ぶ。
6…(1)+(2)+(3)で、備えあれば憂いなしです。賢い女性にお勧めします。もちろん、途中で結婚されても、年金は自分のお小遣いになりますし、医療保障も必要ですから、無駄になることはありません。

<解説>
個人としての価値観が多様化しています。また、女性が働く場所も一昔前よりはかなり広く開放されてきました。そういった背景もあり、一生結婚しない女性も増えています。また、結婚後にいろいろな事情で1人になる女性も増えています。女性の生き方が多様化しています。将来のことをしっかり考えて、人生設計を立てなければ…と、思っている女性も増えています。その時に、生涯のマネープランである「保障プラン」も人生設計の重要な要素に加えて欲しいと思います。人生の長期的なマネープランがしっかりできていれば、途中でいろいろあっても、最終的に幸せな人生にすることができると思うからです。



dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.09.16 | 女性の保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「女性も自分自身の保障を持ちましょう」ということが書かれています。
S1H-0077-josei.gif


<シートの流れ>
1…女性の人生は様々です。そして何が起こるか分かりません。何があっても「良い人生だった」と言えるように、自分の保障について考えておきましょう。
2…では、どんな保障を考えればよいのでしょうか。それは、おかれた状況によって微妙に違ってきます。
3…シングルの人は、自分の収入だけが頼りなので、医療保障や老後保障を備える必要がありますね。
4…専業主婦が倒れると家事や育児が困ります。外部に頼むとそれなりの費用もかかります。医療保障や死亡保障が必要です。
5…夫と離婚や死別する人は、自分の医療保障や老後保障はもちろん、子供がいれば死亡保障の備えも必要になってきます。
6…どんな人生を送るのかは分かりませんが、女性も自分自身の保障を持ちましょう。

<解説>
保障は基本的に「1人に1保障」だと思います。必要保障額というのは基本的に「その人がいなくなったら困る額=その人の存在価値」なのだと思います。女性は置かれている立場がさまざまですが、それぞれの立場でそれぞれの役割を担っています。ですから、保障は必要です。また、今後のことを考えても、さまざまなことが降りかかる可能性があってなかなか予測できません。女性の人生は、夫や子供、自分の親や夫の親、そういった自分以外の要因によっても、人生が大きく変わってきます。どんな人生を送るのかはわかりませんが、少なくとも自分の人生とは一生付き合っていくのですから、女性も自分自身の保障を持つことが大切なのです。


user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.09.11 | 女性の保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「女性も、いえ女性だからこそガンに備えて下さい」ということが書かれています。
S1H-0076-2.gif


<シートの流れ>
1…胃ガンや肺ガンなどは男女ともにありますが、女性にはさらに乳ガンや子宮ガンもあります。
2…ガンも早期治療すれば治る病気になってきました。ただし医療費は高額ですので備えが必要です。
3…女性特有のガンは30代から増え始め、40~60代が最も多く、70~80代でも発病します。
4…30代で発病した場合、小さなお子さんがいる家庭も多く、母親の長期入院は大きなダメージを与えます。
5…40代で発病した場合、主婦でもパート収入などを教育費や住宅ローンに充てている家庭も多く、収入が減り出費が増えるのは、家計にとってはダブルパンチです。
6…女性も、いえ女性だからこそ「ガン」に備えて下さい。

<解説>
実は、ガンの発症率自体は男性の方が高いのですが、「女性は若いうちからガンのリスクが高い」と言われています。胃ガンや肺ガンは男女ともにかかりますから、発症年齢も同じ位なのですが、女性特有のガンである乳ガンや子宮ガンは、他のガンに比べて若いうちから発症するからです。ただ良い点としては、乳ガンや子宮ガンは検診などで早期発見されることも多く、早期治療をすれば完治する確率も高いガンでもあります。ですから治療費の準備が必要です。また、ガン保障の多くはガンになったことがあると加入できません。完治しても後からは入れない保障が多いのです。健康な時に加入しておきたいのです。



user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.09.10 | 女性の保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「女性の医療保障は、(入院特約)+(女性疾病入院特約)で備えましょう」ということが書かれています。
S1H-0075-2.gif


<シートの流れ>
1…「女性疾病入院特約」というのは、女性特有の病気により入院や手術をした場合に給付金がもらえる特約です。
2…なぜこの特約が必要なのかと言いますと、女性は年代によって女性特有の病気にかかりやすく、もし、入院、手術、長期治療のような事態になると、夫の入院よりも費用がかかる事が多いからです。
3…女性の病気を年代別に追ってみますと、20代から妊娠出産に伴うリスクが始まり、30代から婦人病に直面し、40~50代は乳ガンの発生率が高くなり、中年以降は子宮ガンへの注意が必要になります。
4…女性特有の病気、妊娠出産時の病気、女性に多い病気には、こんなものがあります。
5…「入院特約」+「女性疾病入院特約」なら、より安心です。

<解説>
「女性の一生は、女性特有の病気の障害物レースだ」とも言われます。妊娠出産時のリスクに始まり、その後、次から次へと良く聞く名前の病気が襲いかかってきます。そして、一度その病気に捕まって治療や手術を受けるような事態になりますと、その後の医療保障の加入や増額に、支障が出たりします。ですから、女性の医療保障の準備は、健康な内に確保しておくことが大切なのです。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.09.08 | 女性の保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「女性は若くて健康なうちに医療保障をご準備下さい」ということが書かれています。
S1H-0074-2.gif


<シートの流れ>
1…女性は男性よりも生命保険の加入率が低いのですが、女性には女性特有のリスクが潜んでいます。
2…女性の病気で、乳ガン、子宮ガン、子宮筋腫、卵巣のう腫などはよく耳にしますし、実際の支払も多いのですが、実はもっと身近なところにも多くの危険が潜んでいるのです。
3…例えば、妊娠中毒、早産、流産、難産、帝王切開など、妊娠や出産に関わることでの支払いが、実際は多いのです。
4…そう考えると、女性の保障は若い時から必要です。ぜひ若いうちに生命保険に入って「医療保障」を充実させて欲しいのです。健康な人でも妊娠出産に関わる危険は、同じように潜んでいます。
5…早めの加入をお勧めするにはもう1つ理由があります。生命保険は一度そういった病気になってしまうと、その後の数年間は加入に条件が付いたり、加入自体ができなくなってしまうこともあるからです。
6…女性は、20代、30代、40代、50代…、それぞれの年代に病気のリスクを抱えていますから、若くて健康なうちに保障をご準備下さい。

<解説>
実際「お産は病気じゃない」などと言われることもありますが、妊娠出産は母体にとっても(胎児にとっても)大変な負担のかかることで、医療体制が整備されていなかった昔には、妊娠出産で命を落とす母親も多かったのです。医療の発達した現在でも、妊娠や出産関係の病気や異常で、入院や治療を受ける女性は数多く、そのことがその後の保険の加入条件に支障をきたすケースも多いのです。保険は予想されるリスクに事前に備える金融商品です。女性は男性と違って、リスクが高くなる時期が分かっているのですから、その前に加入することが賢明なのです。


user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.09.05 | 女性の保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。