FC2ブログ

【保ビ研シート】

保障の大切さが書かれたシートです。ワンクリックでダウンロードできます。保障の勉強や保障設計にお役立て下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<概要>「介護費用は自分たちで準備しておかなければ子どもたちの負担になります」ということが書かれています。
S1G-0030-kaigo.gif

<シートの流れ>
1…あなたが要介護状態になったら、お子様は現実問題として面倒を看れる状態でしょうか?
2…40代の息子は、子どもに教育費がかかるころです。50代の息子は、子どもの結婚資金、住宅ローンと出費が続いています。
3…60代の息子は定年で、年金や退職金で生活する時期です。嫁いだ娘は、自分の親を看たくても、夫の両親もいるので思うように看られません。
4…実際、要介護状態になった場合、介護にかかる費用は平均で675万円もかかります。
5…こんなにかかる費用を子どもに負担させられますか?
6…自分の介護費用は自分で準備しておいた方が良いと思います。

<解説>
日本は「高齢化」が急速に進みましたから、欧米などに比べて、国も、個人も、介護状態になったときの準備があまりできていない、と言われます。もし自分が介護状態になったら、どんなふうに生活するのか、だれに介護を頼むのか、その費用はどうするのか、そういったことを、元気なうちに考えておくことが大切です。介護状態になったら、「家族に看てもらいたい」「今のまま自宅で過ごしたい」と思っている人も多いのですが、現実問題として、それができるかどうかです。親が70才、80才のとき、子どもたちは何才になるのでしょうか? その時に親の面倒を看られる状況にいるかどうかです。親を看たい気持ちがあっても、介護には時間も労力も、費用もかかります。介護する側は、肉体的にも、精神的にも、経済的にも大きな負担を背負うことになります。その時、子どもたちは自分の生活が精一杯の時期かもしれません。介護のことは「その時」が来てから準備するのでは、間に合わないことばかりです。早くから、気持ちの準備と、経済的な準備をしておくと、子どもの世話になるにしても、外部のサービスを利用するにしても、その時になって困らずにすみます。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
スポンサーサイト
2008.05.30 | 介護保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「国の介護保険と保険会社の介護保険の仕組みの違いを知って、両方を上手に活用してください」ということが書かれています。
S1G-0029-kaigo-.gif

<シートの流れ>
1…「国の介護保険」と「保険会社の介護保険」は、基本的な仕組みが違います。
2…国の介護保険は、1割の自己負担で介護サービスを使えます。
3…介護状態を考慮した住宅の改修、福祉用品の購入、福祉用品のレンタルなどのサービスが利用できます。
4…生命保険の介護保険は、現金支給だから使い道が選べます。
5…収入の補填、公的介護保険の対象にならないサービスの費用、遠距離介護の交通費など、必要なものに形を変えて使えます。
6…生命保険の介護保険で、介護環境を充実させてください。

<解説>
国の介護保険については、まだまだ認知度が低く、実際に介護を経験した人でなければ知らないことも多いといわれています。国の介護保険は、保険料を払っているのに利用していない人も多く、利用しようと思っても、利用したいサービスは利用できなかったりということもあります。また、思った以上に自己負担が多くかかったりすることもあります。国の介護保険は「現金」の支給ではなく、「介護サービス」を1割の自己負担で利用できるという制度です。これに対して、保険会社の介護保険は「現金」の給付が基本の制度ですから、その現金の使い道は自由に決められます。この違いを知っておくだけでも、それぞれの介護保険を上手に利用することができると思います。保険会社の介護保険は、国の介護保険の対象となるサービスを上乗せしたいときや、対象にならないサービスをカバーするときに使えるだけでなく、介護する人の交通費や休職中の収入の補填などにも、どのようにでも使えます。両方の介護保険を上手に活用して、大変な介護を乗り切りたいものですね。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.28 | 介護保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「公的介護保険の対象にならない若い人も、介護への備えは必要です」ということが書かれています。
S1G-0028-kaigo.gif

<シートの流れ>
1…「介護問題は高齢者のこと」というイメージが強いのですが、実は働き盛りや若い方にも無縁ではないのです。
2…データを見ると、65才未満の方でもこんなに介護状態になっているのです。
3…でも、国の「介護保険」の適用は原則として65才以上が対象です。
4…ということは、若い方が介護状態になっても介護保険では賄えないということです。ただ、状況によっては障害年金の対象にはなりますが…。
5…働き盛りに介護状態になれば、仕事ができなくなりますから、当然収入が減ります。その上家族も仕事を辞めて介護をするケースが多く、それも収入減。つまり、体力的な負担、精神的な負担に加えて経済的な負担が重くのしかかってくるのです。
6…若い時の介護への備えもとても大切なことなのです。

<解説>
「介護」と聞くと「高齢者」のイメージが強く、若い時は「自分には関係ない」「親の世代の話題だ」と思ってしまいますが、実際には若い人、働き盛りの人でも、脳卒中やリウマチ、脊椎損傷などの、病気やけがが原因で要介護状態となることがあります。その結果、寝たきりとなったり、生活するのにサポートが必要になることが多々あります。また、介護期間は若く介護状態になった人の方が長くなります。国の介護保険は原則65歳以上が対象ですから、国の保障もあまり期待できません。さらに、若い時からの介護状態は仕事や収入に大きく影響しますので、本人だけでなく、サポートする家族の負担も大きくなります。経済的負担だけでなく、精神的にも、肉体的にも負担が大きくなります。若いからといって、介護保障が関係ないわけではないのです。なった時の負担を考えると、むしろ中高年以上に備えが必要なのかもしれません。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.27 | 介護保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「日本人の老後はお金がかかります。老後の資金準備をしましょう」ということが書かれています。
S1G-0027-rogo.gif

<シートの流れ>
1…日本人の老後はどうしてお金がかかるのだと思いますか。
2…理由の1つは、日本人が世界一の長生きだからです。 平均寿命は男性が約79才、女性が約86才です。
3…定年はゴールではなく、20年以上の長い老後のスタートなのです。
4…長生きは素晴らしいことですが、お金もかかります。生活費、医療費、冠婚葬祭費、家の修理費、孫やひ孫へのお小遣い…などなど。
5…楽しい老後のポイントは人との交流だそうです。付き合いにもお金がかかります。
6…老後の資金準備には安全確実な生命保険の商品が良いですよ。

<解説>
日本は世界一の長寿国です。これはとてもすばらしいことですが、同時に、老後の生活費がたくさん必要になる…ということでもあります。衣食住その他の基本的な生活費に加え、医療費や冠婚葬祭費もかかります。趣味や旅行、人との交際費もかかります。孫やひ孫へのお小遣い、お年玉、お祝いなども…。老後の人生を、まわりとも上手に付き合い、自分も楽しく過ごすには、何かとお金がかかるのです。
日本人の平均寿命を考えますと、60~65才で定年退職した後、20年ちかくあります。収入がなくて支出がある生活が20年ちかくあることになります。
国の年金や企業の退職金が頼りですが、これからの日本を考えると、減ることはあっても増えることはないような感じです。老後の20年、人生の終盤の生活を、楽しく、安心して過ごすために、収入のある現役時代に老後資金の準備を考え始めましょう。定年退職と同時に老後の生活は始まってしまいます。老後の資金準備は少しでも早い方がよいのです。老後資金の準備には、安心で確実な生命保険の商品をご検討ください。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.23 | 老後保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「個人年金保険を使って老後の準備をしましょう」ということが書かれています。
S1G-0026-rogo.gif

<シートの流れ>
1…ご自分の老後のことを考えたことがありますか?ご両親よりも豊かな老後を送れますか?
2…実は、2014年には4人に1人が65才以上という社会になると予測されています。
3…65才以上の「老齢人口」は増え、15才から65才までの「生産年齢人口」は低下しているのです。
4…2000年には4人で1人を支えていたのが、2050年には1.5人で1人を支えるということになりそうです。やはり、公的年金だけに頼っていては老後は不安になりそうです。
5…自分の老後を明るい老後にするために個人年金を上手に活用してください。

<解説>
日本の国は、「少子・高齢化」が世界で最も速いスピードで進んでいます。そのために、高齢者に対する対応が、国も個人も十分にできていません。日本の人口を年齢別に見てみますと、15~65才の「生産者人口」と呼ばれる層の人数がどんどん減っています(少子化)、それに変わって65才以上の高齢者の人数が急激に増えています(高齢化)。つまり、税金や社会保障制度の保険料を納める人の数が減っていって、給付を受ける人の数が増えていっている…ということです。日本の社会保障制度は基本が「再分配方式」ですから、現在納めている人の保険料を、今必要な人に支給するという仕組みです。つまり、これからも保険料を納める人の数が減り続け、受け取る人の数が増え続ければ、当然、受け取れる年金の額は減り続ける…ということです。私たちの親の世代は、国の年金を中心に老後の生活を送ることができたかもしれませんが、これからの時代は難しくなるでしょう。個人でも老後資金を準備していかなければ、今の高齢者と同じ水準の生活を送ることは難しくなるでしょう。個人年金保険は、自分が払った保険料を自分で受け取れる仕組みです。上手に活用してください。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.22 | 老後保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「自分が介護される時のことについて考え始めましょう。少しずつでも準備しましょう」ということが書かれています。
S1G-0025-kaigo.gif

<シートの流れ>
1…現在、4人に1人が介護の経験があるそうです。
2…そして、介護する期間は4年以上が3割、10年以上という人も1割近くいます。
3…あなたが誰かを介護しなければならない状態になった時のことを想像してみてください。
4…自宅で介護できる場合は、介護サービスを利用すれば負担も軽減できます。
5…自宅で介護できない場合は、介護サービスや老人施設に全面的に頼らなければなりません。
6…介護問題は「介護する側」にも大きな負担となります。配偶者や子供に負担がかからないように介護費用の準備を始めましょう。

<解説>
現実問題として、介護の問題は「介護する側」も「介護される側」も、肉体的にも、精神的にも、そして経済的にも、大きな負担になってきます。40代、50 代ぐらいになると、身近に親の介護を経験した人が何人かいると思いますが、その大変さは、介護を経験した人にしか分からないほどだと言いますね。自宅で介護できるのか、介護サービスや施設を利用することになるのか、誰がおもに世話をして、その費用はどうするのか…。そう考えていくと、本当に大きな問題であることがよく分かります。
家族の誰かが要介護状態になると、家族の中で、できる人ができる形で世話をすることになると思いますが、もし誰かを介護することになったら、そのときは誰がどうするのか…、また、自分が介護されることになったら、そのときはどうしたいのか、どうしてもらいたいのかを、少しずつでも考えておいた方が良いと思います。介護は家族にとっても大きな負担となります。自分の介護では、配偶者や子どもに大きな負担がかからないように、少しずつでも費用の準備を始めることも、お勧めしたいですね。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.20 | 介護保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「介護される側も介護する側も経済的な不安が一番重くのしかかってきます。介護のご準備はお早めに」ということが書かれています。
S1G-0024-kaigo.gif

<シートの流れ>
1…自分が介護状態になった時の準備を具体的にされていますか?
2…準備されているという方は、「預貯金で準備する」や「子供と同居する」という方が多いようです。
3…「預貯金で準備する」とお考えの方
介護期間は平均で3年半にもなり、期間が長くなればその分費用もかさみます。
4…「子供と同居する」とお考えの方
その時の子供の家庭状況を考えてみてください。家のローンや教育費など経済的に大変な時期かもしれません。
5…介護する側もされる側も経済的な不安が一番あるようです。

<解説>
ほとんどの人は、自分の介護のことなどは、子育てが終わって自分の親の介護を経験してから考え始めると思いますが、本当はもっと早くから考え始めた方が良いと思います。実際に家族の誰かが介護状態になってしまうと、その日から家族の生活は一変してしまいます。要介護の期間は平均で3年半だそうです。長い人は長く、3年以上続く人が4割以上もいるそうです。長ければ10年以上も続くそうです。この間にかかる介護費用はというと、やはりかなりの額になるようです。それを「預貯金で準備する」のも大変だと思いますし、「子どもと同居する」としても、毎日の世話をしてくれる子どもに、経済的な負担まで背負わせたくない、もし、そんなことになったら介護してもらっていても心が切ないと思う、心が苦しいと思う…という声もよく聞きます。ですから、早くから、そうなったときを想像して、その時に「どんな生活をしたいのか」「誰に世話をしてもらいたいのか」など、できるだけ具体的に考えてみると良いと思います。介護は、経済的な負担だけでなく、肉体的にも、精神的にも大きな負担が、本人にも家族にもかかります。私は、人生の大きなリスクになる介護の準備は、できるだけ早いうちに始めることをおすすめしたいと思います。


user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.19 | 介護保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要> 「誰にでも介護状態になる可能性があります。その時慌てないためにも介護保障の準備をしましょう」ということが書かれています。

S1G-0023-kaigo.gif

<シートの流れ>
1…ここに、「介護が必要になった主な原因」のデータがあります。
2…男女差はありますが介護状態になった原因は、慢性病(持病)ではないようです。
3…介護経験のある人は、「前の日まで、まさか介護することになるとは思わなかった」とも、「介護はある日突然始まった」とも言います。
4…誰にでも介護状態になる可能性があるわけです。
5…そうなってから慌てないためにも、事前に対応策をお考えください。生命保険がお役に立ちます。

<解説>
介護を経験したことがない人は、「介護」=「病気などが悪化して寝たきりになってなるもの」と漠然と思っていたりしますが、実際には、多くの人が急な病気や事故が原因で介護状態になっています。ということは、介護は、慢性病(持病)のある人だけの問題ではなく、今、元気な人にも突然、起こる可能性がある身近な問題なのです。中高年に多い脳卒中や脳梗塞など、あるいは骨折・転倒などが原因で、ある日突然、介護状態になることも多いのです。そうなってからでは、自分自身も動揺して冷静に今後のことを考える余裕はありません。家族や子どもも大変です。元気なうちに「自分が介護状態になったら…」「家族が介護状態になったら…」と考えて、準備をしましょう。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.15 | 介護保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要>「高齢になるほど健康や生活の不安は増えますので、元気なときに高齢期の保障も見直してください」ということが書かれています。
S1G-0022-hosho-.gif

<シートの流れ>
1…当たり前のことですが、高齢になるほど死亡率は高くなります。死亡率以外にも、いろいろな面で危険率が高くなります。
2…病気やケガをする確率が高くなり、治療も長期化する確率が高くなります。健康面や生活面での不安も多くなります。
3…あなたの60才以降の保障はどのような内容になっていますか。
4…60才や65才で大幅に保障が減っていませんか。または、保障が途中で切れていませんか。
5…健康を害してから保険を見直そうとすると、保障内容に条件や制約がついてしまいます。
6…高齢リスクにも対応できるように、自分の保障を見直してください。

<解説>
若くて元気なときは、病気やけが、介護状態になることなどあまり考えませんが、けれど、人は年々、年を重ねます。高齢になるということは、死亡の確率だけでなく、病気、けが、介護の確率も高くなるということです。また、同じ病気やけがをしても、治療や入院の期間が長くなります。収入が少なくなった定年(引退)後の生活で、入院費や治療費などを賄うことは大変なことです。そして介護状態になれば、さらに負担は増えます。経済的にも大きな負担がかかりますが、肉体的、精神的にも、本人にも家族にも大きな負担になります。現役時代の保障は充分であっても、定年退職後の保障がわずかしかない…というプランに加入されている方も多くいます。保障は、病気になってしまいますと思うように見直しができなくなりますので、お元気な時に高齢時の保障も見直されると良いと思います。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.14 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
<概要> 「親に万が一のことがあった場合でも、子供が希望通りの教育を受けられるような保障の準備が必要です」ということが書かれています。
S1G-0021-hosho-.gif

<シートの流れ>
1…生命保険は誰のものなのでしょうか?
2…生命保険に加入するのは父親ですが、父親が亡くなった後、子供を育て上げなければならないのは母親です。
3…実際にその保険金で成長していかなければならないのは子供たちです。
4…だから、生命保険は家族のものではないでしょうか。
5…どんなに心残りでも、死んでしまえば家族を守ってあげることはできません。
6…お父さんが生きていれば子供に与えられる、「家族への愛情」と「教育の機会」。その両方を奪われないためにも生命保険を準備しましょう。

<解説>
生命保険に加入する時は毎月の掛け金が気になりますが、でも本来は、困った時、万一のことがあった時に、役に立つかどうか、保障内容もとても重要です。生命保険の保障額というのは、万一のときに必要な費用を補填するためのものですから、父親が亡くなったあと、母親が子どもを育てるための生活費であり、子どもが自分の人生のスタートを切るまでの教育費です。中でも教育費は高額になりますので、実際、充分な保障がない状態で親が亡くなった場合、子どものその後の進路に一番影響が出てしまいます。経済的な理由で大学進学をあきらめたり、志望する学校への進学をあきらめたり、子どもが独立する時のスタートラインが変わってしまう子も多くいます。親の事情で子どもの夢や将来に影響を与えてしまうのは、親としては気持ち的にもつらいものがあります。生命保険に加入するときは、子どもの進路を応援してあげられる保障額についてご検討下さい。

user-aicon.jpg
dl-aicon.jpg
───────────────────────
※著作権は、保険ビジネス研究所にあります。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織でご使用の場合は有料になります。
※ご使用上で生じた損害についは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受けします。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp  
───────────────────────
2008.05.12 | 遺族保障について | トラックバック(0) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。